栄養素をバランスよく補給できる

青汁を飲む人

青汁酵素が注目される理由は栄養バランスにあり、その名の通り青汁と酵素の両方を摂取できます。青汁は青野菜を粉末化したもので優れた栄養価を誇っていますし、酵素は基礎代謝を正常にするために欠かせないです。現代人に不足しがちな栄養素をバランスよくとれるので、食生活が乱れている人に特におすすめします。体調不良や肌荒れ・生活習慣病などは、食生活に問題があって発生するケースが少なくありません。ただ現代の食材は昔と比べて栄養価が減少しており、特に野菜に対しては顕著になっています。野菜のパワーを十分に生かすためには1日350gも摂取する必要がありますが、この量をクリアするのは容易ではないです。そこで不足しがちな野菜を補える青汁酵素が注目されているのです。

緑黄色野菜が欠乏している人に最適

ミキサー

野菜は色が濃いほど健康にもよいと言われており、これは色素こそが最大の栄養素だからです。野菜の色を形成する成分は主にカロチノイドであり、淡色野菜より緑黄色野菜のほうが健康にいいのです。1日に必要とする野菜は350gであり、うち3分の1は緑黄色野菜からとるのが好ましいでしょう。青汁酵素は野菜をあまり食べない人に効果的であり、1日に欠乏している野菜を10分の1の量で補給できるのです。例えば1日250gしか野菜を食べていない人は100gが欠乏しているわけですが、青汁粉末だとたった10gで補うことができます。青汁酵素は野菜嫌いの人でも気軽に飲めるように工夫されており、昔の青汁と比較しても格段に飲みやすくなっています。水やぬるま湯で溶かして飲んでいる人が多いですが、ミルクに溶かして飲むのもマイルドでおいしいと評判です。ミルクにはたんぱく質が含まれていますので、より栄養バランスを強化できるでしょう。

基礎代謝を向上させて痩せやすい身体に

ミキサー

痩せなくて悩んでいる場合は基礎代謝に問題があるケースが少なくありません。基礎代謝は一定ではなく加齢に伴って衰えていくので、年齢を重ねるほど太りやすくなって減量も難しくなるのです。青汁酵素には代謝を引き出すための酵素が含まれていますので、非常に効率的にダイエットをサポートできるのです。食事制限をすれば簡単に減量できるのは若いころの話であり、年齢を重ねると代謝を上げていかないと思うように落とせません。お腹ポッコリが気になり始めたら青汁酵素を飲むべきタイミングでしょう。お腹を引っ込めるためには基礎代謝の向上と運動が要になりますので、食生活に青汁酵素を取り入れたり、スポーツ時のドリンクにしたりするなど工夫してください。